ロシアのミグ、軽量第5世代戦闘機を開発中 MiG-29の後継機 | FlyTeam ニュース

ロシアのミグ、軽量第5世代戦闘機を開発中 MiG-29の後継機

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ポーランド空軍のMiG-29

ポーランド空軍のMiG-29

ロシアのミグは、新しい軽量第5世代戦闘機を開発している模様です。Sputnikが2015年8月25日付で報じています。

ミグは、2000年にステルス性と高機動性、スーパークルーズ能力などを備えたMiG-1.44試作戦闘機を初飛行させましたが、すぐに計画は中止されました。現在開発中と伝えられる軽量戦闘機は、MiG-1.44で開発された技術と、MiG-35に使用されている技術が盛り込まれます。

ミグでは、ロシアのほかキューバ、インド、イラン、ポーランドなどで使用されているMiG-29ファミリーの後継機を目指しています。

ロシアではスホーイも第5世代戦闘機を開発しており、その試作機PAK FA T-50は実用化に向けて飛行試験を継続中で、2016年12月の運用開始を目指しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加