成田空港の機能強化、C滑走路や運用時間の拡大で地元と合意 | FlyTeam ニュース

成田空港の機能強化、C滑走路や運用時間の拡大で地元と合意

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

国土交通省、千葉県、空港周辺9市町、成田国際空港(NAA)は2018年3月13日(火)、「成田空港に関する四者協議会」を開催、最終合意に達しました。これにより、新たなC滑走路の建設と供用、B滑走路の延伸、滑走路の運用時間を現在の6時から23時までを拡大し、5時から0時30分までとなります。運用時間は滑走路毎に5時から23時、6時30分から0時30分の2種類を定期的に交換し、地元の負担へ配慮した運用を実施します。

この拡大により、航空機発着回数は現在の1.7倍となる年間50万回にまで増加する予定で、成田空港の国際競争力の強化やさらなる利用旅客増加が見込まれています。

拡大案は地元への説明の中で、国交省やNAAが当初案を修正、千葉県も地域振興策を提示し、空港周辺9市町の自治体が受け入れました。このうち、空港周辺9市町の1つ、成田市は空港の機能強化を通じ、空港周辺地域への新たな企業進出などの期待と、地域経済の発展に効果があるとし、夜間の飛行騒音、航空機からの落下物など、生活環境への一定の配慮をあわせた対応と合意形成を目指してきました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加