ATSG、エア・インチョンに767-300貨物改修機を引き渡し | FlyTeam ニュース

ATSG、エア・インチョンに767-300貨物改修機を引き渡し

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

エア・トランスポート・サービス・グループ(ATSG)は2018年4月10日(火)、韓国の貨物航空会社のエア・インチョンに767-300貨物改修機を1機、引き渡したと発表しました。ATSGは2017年11月にリース契約を締結、ATSG傘下のATSGウェスト・リーシングで改修を進めていました。

この機体は、アメリカン航空で使用されていた機体で1992年製の機材です。エア・インチョンでは「HL8319」として登録されています。エア・インチョンは現在、仁川国際空港を拠点に737貨物機を2機使い、日本を含むアジア各地に運航しています。

なお、エア・インチョンには767貨物機の2機目は2018年後半に引き渡しされる予定となっているほか、ATSGは傘下のペムコ・ワールド・エア・サービスが737貨物機の改修が進められています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加