コープ・ノース・グアムに参加のF-2、台風2号からの退避で帰投 | FlyTeam ニュース

コープ・ノース・グアムに参加のF-2、台風2号からの退避で帰投

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

航空自衛隊は2019年2月7日(木)から3月19日(火)まで、グアムのアンダーセン空軍基地を拠点とする「コープ・ノース19(COPE NORTH 19)」に参加しており、このうち参加中のF-2戦闘機を2月22日(金)、帰投させると発表しました。台風2号からの退避が目的です。

訓練は、日米豪共同訓練が2月20日(水)から3月8日(金)まで、日米豪人道支援・災害救援共同訓練が2月17日(日)から3月2日(土)に実施されています。空自は、台風2号のグアム接近に伴い、緊急避難措置として、機体の入念な点検、パイロットへの安全教育を実施した上で、F-2戦闘機の6機を帰投させることを決定しています。

対象は築城基地の第8航空団のF-2A/B、6機です。2月22日(金)にアンダーセン空軍基地から築城基地へ帰投します。

期日: 2019/02/22
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加