フライドバイ、チェコのスマート・ウイングスとウェットリース契約 | FlyTeam ニュース

フライドバイ、チェコのスマート・ウイングスとウェットリース契約

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:スマート・ウイングス 737-800

スマート・ウイングス 737-800

ドバイを拠点とするフライドバイは2019年11月28日(木)、チェコのスマート・ウイングスとのウェットリース契約を発表しました。ウェットリース期間は12月14日(土)から2020年1月25日(土)まで、737-800を4機を投入することにより、繁忙期の旅行シーズンの需要に対応します。

これは、2019年3月から続く737 MAX14機の運航停止措置により、定期便の30%が減便となっていることを受け、ホリデーシーズンのダイヤ乱れを最小限に抑える努力の一環です。

737-800は全席エコノミーで、ドバイ発着のバーレーン、コロンボ、ファイサラバード、カラチ、クウェート、マスカット、ムルターン、プラハ、スィアールコート線などで運航されます。

期日: 2019/12/14 〜 2020/01/25
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加