JAL、関西学院大学と連携協定 人材育成めざし通年で講義も | FlyTeam ニュース

JAL、関西学院大学と連携協定 人材育成めざし通年で講義も

ニュース画像 1枚目:関西学院大学 イメージ
関西学院大学 イメージ

日本航空(JAL)は、兵庫県西宮市の関西学院大学と連携協定を締結しました。教育、研究の分野で相互に協力し、社会の発展と教養豊かな国際的人材育成への寄与を目指します。

2020年10月時点で予定している活動内容は、空港や航空会社に関連したテーマの研究や教育活動の支援、ワーケーションなどを通じた地域活性化の取り組みでの連携です。2021年度から、神戸三田キャンパスの総合政策学部で、JAL社員が非常勤講師として通年で講義を実施します。

JALは連携協定を通じ、学生や教職員とJAL社員の相互交流、人材育成・キャリア形成につながる支援、地域社会の発展・活性化などに取り組みます。

メニューを開く