陸自・米・英・豪軍が集結、第1空挺団 降下始め 約1万人が来場

陸自・米・英・豪軍が集結、第1空挺団 降下始め 約1万人が来場

ニュース画像 1枚目:C-2輸送機から空挺降下を行う第一空挺団
C-2輸送機から空挺降下を行う第一空挺団

陸上自衛隊 習志野駐屯地にて2023年1月8日(日)、「令和5年降下訓練始め」が開催されました。陸上自衛隊唯一の落下傘部隊である第一空挺団が1年間の降下訓練の安全を祈る恒例の行事で、一般公開での開催は3年ぶりでした。防衛協力を強化する目的でアメリカ軍に加え、イギリス陸軍とオーストラリア陸軍が初めて参加し、降下訓練を披露しました。

参加規模は、自衛隊が約1,000名、アメリカ軍が約70名、イギリス軍が約20名、オーストラリア軍が約10名。支援航空機は、陸上自衛隊からCH-47J輸送機、LR-2連絡偵察機、UH-1J多目的ヘリコプター、AH-1S対戦車ヘリコプター、航空自衛隊から第1輸送航空隊C-130H輸送機(小松基地)、第2輸送航空隊C-2輸送機(入間基地)、海上自衛隊から下総教育航空群P-3C哨戒機、アメリカ空軍からC-130J輸送機、アメリカ海軍からMH-60が参加しました。

展示訓練は、4か国の指揮官らの空挺降下からスタート。続いて、高度1,600mから日米英豪軍の自由降下を実施。その後、浜田防衛大臣が、演習場にCH-47Jで到着しました。

ニュース画像 1枚目:4か国の空挺団指揮官がCH-47JAから空挺降下を披露
4か国の空挺団指揮官がCH-47JAから空挺降下を披露
ニュース画像 2枚目:落下傘(パラシュート)を広げる各国の指揮官(空挺降下)
落下傘(パラシュート)を広げる各国の指揮官(空挺降下)
ニュース画像 3枚目:CH-47JAで会場へ到着する浜田防衛大臣など関係者
CH-47JAで会場へ到着する浜田防衛大臣など関係者

来場者を前に、島しょ防衛を想定した地上訓練展示が行われます。空挺作戦では、LR-2による航空偵察、高度1,600mから先遣部隊の自由降下、総合火力、ヘリ火力、近接戦闘、日米機による第一空挺団の降下が披露されました。

ニュース画像 4枚目:C-130H輸送機から空挺降下する第一空挺団
C-130H輸送機から空挺降下する第一空挺団
ニュース画像 5枚目:C-2輸送機から空挺降下を行う第一空挺団
C-2輸送機から空挺降下を行う第一空挺団

次に、ヘリコプターによる部隊や装備、物資を空中空輸するヘリボーン作戦が繰り広げられました。陸自のCH-47J、UH-1J、アメリカ海軍のMH-60が展開。

ニュース画像 6枚目:部隊を空輸するへリボーン作戦をおこなうUH-1J多目的ヘリコプター
部隊を空輸するへリボーン作戦をおこなうUH-1J多目的ヘリコプター
ニュース画像 7枚目:アメリカ海軍 第5空母航空団 MH-60が登場!
アメリカ海軍 第5空母航空団 MH-60が登場!
ニュース画像 8枚目:軽装甲機動車を吊り下げ、空中空輸をおこなうCH-47JA輸送機
軽装甲機動車を吊り下げ、空中空輸をおこなうCH-47JA輸送機
ニュース画像 9枚目:へリボーン作戦を展開するCH-47J輸送機
へリボーン作戦を展開するCH-47J輸送機

最後に、米・英軍の来援として、空挺降下が披露されました。大空に花が咲いたような壮大な様子が会場を沸かせました。

ニュース画像 10枚目:アメリカ空軍 C-130J輸送機から米・英軍の来援
アメリカ空軍 C-130J輸送機から米・英軍の来援
ニュース画像 11枚目:大空に舞う落下傘(パラシュート)
大空に舞う落下傘(パラシュート)
ニュース画像 12枚目:空挺作戦:米・英軍の来援
空挺作戦:米・英軍の来援

無風で快晴の中、一般来場者約9,500人、関係者800人の前で降下訓練が披露されました。

この記事に関連するニュース
メニューを開く