ソラシドエア、羽田/那覇線開設 21年度夏の収益性向上で | FlyTeam ニュース

ソラシドエア、羽田/那覇線開設 21年度夏の収益性向上で

ニュース画像 1枚目:(安芸あすかさん撮影)
(安芸あすかさん撮影)

ソラシドエアは、2021年度路線便数計画を決め、新たに羽田/那覇線を開設、那覇/石垣線と福岡/那覇線を増便します。これに伴い、羽田発着の一部路線を減便で調整するほか、名古屋(セントレア)発着の3路線は全て減便します。新型コロナウイルスの影響による需要動向、競争環境が激化する事業環境の変化を踏まえ、収益性や生産性の向上を目指した新路線や増便に資源を振り向ける計画です。

羽田発着は宮崎、熊本、長崎、鹿児島、大分線に加え、新たに那覇線を開設します。便数は、宮崎線が2020年度冬の8往復から2021年度夏は6往復に減便、鹿児島線を5往復から4往復に減便します。減便で使用できる羽田発着3枠を生み出し、新たに開設する那覇線の3往復に振り向けます。

那覇発着は鹿児島、宮崎、神戸線はいずれも便数を変えずに運航します。石垣線は1往復のところ3往復とします。福岡線も1往復から増便を計画しており、便数の調整が終わり次第、改めて発表されます。

名古屋(セントレア)発着の那覇、鹿児島、宮崎線はいずれも2020年度冬は2往復でしたが、新たなスケジュールは1往復に減便します。

航空券の販売は、1月28日(木)14時からです。ただし、羽田/那覇線の新路線、那覇発着の石垣、福岡線は改めて発売予定です。

期日: 2021/03/28 〜 2021/10/23
メニューを開く