ANA、777-300がさらに1機退役 国際線仕様の「JA735A」

ANA、777-300がさらに1機退役 国際線仕様の「JA735A」

ニュース画像 1枚目:退役したANAの777-300ER「JA735A」イメージ(ばっきーさん撮影)
退役したANAの777-300ER「JA735A」イメージ(ばっきーさん撮影)

全日本空輸(ANA)のボーイング777-300ER型機「JA735A」が2021年6月1日(火)、離日、退役しました。羽田空港を8時45分に出発し、ホノルル経由でアメリカに向かいました。ANAの777-300ERは4月に2機、5月に3機退役しており、「JA735A」は2021年度で6機目の777-300ER退役機となります。

JA735Aはエバレット工場で製造され、2006年6月に初飛行。同月中旬にANAが受領し、以来一貫してANAが使用してきました。ファースト8席、ビジネス52席、プレミアムエコノミー24席、エコノミー166席の国際線仕様で、エンジンはゼネラル・エレクトリック製のGE90を搭載。最後の定期便は、3月29日(月)のサンフランシスコ発成田行きNH7便でした。

なお、ANAの2021年度の機材計画では、3月末時点で保有していた30機の777-300/777-300ERのうち、10機を年度末までに退役させる計画です。6月1日(火)時点のANAの777-300/777-300ER退役状況は以下の通りです。

機体記号(レジ)型式登録抹消/退役月
JA733A777-300ER2005/102020/12
JA732A777-300ER2005/042021/01
JA734A777-300ER2006/032021/02
JA756A777-3002003/052021/02
JA757A777-3002003/062021/02
JA731A777-300ER2004/102021/04
JA777A777-300ER2006/102021/04
JA778A777-300ER2007/012021/05
JA781A777-300ER2007/092021/05
JA736A777-300ER2006/092021/05
JA735A777-300ER2006/062021/06
この記事に関連するニュース
ニュースURL
メニューを開く