JAL、国際線フルフラットシートが「クラスJ」に クイズキャンペーン

JAL、国際線フルフラットシートが「クラスJ」に クイズキャンペーン

ニュース画像 1枚目:フルフラットシート「SKY SUITE Ⅲ」スカイスイート・スリー イメージ
フルフラットシート「SKY SUITE Ⅲ」スカイスイート・スリー イメージ

日本航空(JAL)は、国際線に投入していたボーイング777-200型機を国内線に投入しています。この機材はビジネスクラスにフルフラットシート「SKY SUITE Ⅲ(スカイスイート・スリー)」を搭載しており、国内線では「クラスJ」として利用できます。国内線で国際線仕様が楽しめることから、JALはクイズキャンペーンも開催しています。

「SKY SUITE Ⅲ」は、全席が通路にアクセスできるようになっており、フルフラットになるシートです。「1-2-1」の横4席の配列で、ベッド時の長さは約198センチ、ベッド幅は約74センチ、シート幅は約51センチから52センチ、モニターは17インチです。この国際線で使用されている機材を国内線で体験できます。

この機材が投入される路線は、羽田/沖縄・那覇線、羽田/札幌・新千歳線、羽田/福岡線、羽田/大阪・伊丹線、伊丹/那覇線です。JALのウェブサイトで予約する際、機材の「772」と「国際線仕様機材」と記載された便が対象です。

777-200ERの国際線仕様の機材は2023年までに退役する計画です。このため、期間限定ですが、「SKY SUITE Ⅲ」はボーイング787型機にも搭載されており、国際線での乗り心地を手軽に楽しむことができます。

なお、JALは7月31日(土)までクイズ・キャンペーンを開催。問題は、「クラスJで国際線ビジネスクラスが体験できるシートは何でしょうか? 〇に入る言葉を埋めてください。『フル〇〇〇〇シート』」です。プレゼントとしてJALがオフィシャルエアラインの「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の1デイ・スタジオ・パスが5組10名に抽選で贈られます。

路線フライト所要時間
羽田/伊丹線1時間5分~1時間20分
羽田/新千歳線1時間30分~1時間45分
羽田/福岡線1時間30分~2時間
伊丹/那覇線1時間55分~2時間20分
羽田/那覇線2時間20分~2時間55分
期日: 2021/07/31まで
この記事に関連するニュース
メニューを開く