新千歳空港の国際線、2年4カ月ぶり再開!7/17ソウルへ

新千歳空港の国際線、2年4カ月ぶり再開!7/17ソウルへ

ニュース画像 1枚目:大韓航空 737-900ER型 イメージ (だいまる。さん 2017年1月17日撮影)
大韓航空 737-900ER型 イメージ (だいまる。さん 2017年1月17日撮影)

大韓航空は2022年7月17日(日)から、札幌・新千歳/ソウル・仁川線を再開します。新千歳空港を発着する国際線旅客便は、2020年3月以降のコロナ禍で、これが初めてです。政府は6月から実施する入国緩和策の1つに、羽田・成田・関西・名古屋(セントレア)・福岡の5空港に加え、新千歳と那覇で国際線の受け入れ再開の方針を示していました。この施策を受け、新千歳発着で初めての旅客便再開になる見込みです。

運航曜日は木・日の週2往復便で、機材はビジネス 8席、エコノミー165席、計173席のボーイング737-900ER型を使用します。大韓航空は、この路線をコロナ前は1日2往復便で運航し、2020年3月から運休しており、2年4カ月ぶりに国際旅客便として再開します。運航当初は、インバウンドや東南アジアから来日する技能実習生の乗継需要、在日韓人の家族訪問などで利用されると見込まれています。

大韓航空は2022年6月現在、成田、関空、名古屋(セントレア)、福岡発着のソウル・仁川線を運航しており新千歳で日本路線は5都市になります。引き続き需要動向、入国制限の対応などから増便を検討していきます。

なお、2020年3月以降のコロナ禍で新千歳発着の旅客機による国際貨物便は台北、香港、広州、上海・浦東線の4路線が運航されています。

期日: 2022/07/17から
この記事に関連するニュース
メニューを開く