ナショナル・エアラインズ、事故前の状況 貨物、運航状況とも異常なし | FlyTeam ニュース

ナショナル・エアラインズ、事故前の状況 貨物、運航状況とも異常なし

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ナショナル・エアラインズは2013年5月1日付で、機体記号(レジ)「N949CA」のNCR102便について、事故原因を推測することはしないと発表しています。適切な機関が調査を行うことに従うとしています。アメリカ運輸安全委員会(NTSB)もこの調査をボーイングなどと行うとしています。

ナショナル・エアラインズはこのNCR102便についての状況もアップデートしています。この便はアフガニスタンのバスティオン(Bastion)基地からドバイへ向かう途中、バグラム空軍基地(バグラム空港)で給油を行いました。バグラムへの着陸は問題なく、着陸しました。

さらに、搭載貨物はバスティオン基地を出発する際に、適切に搭載されていることをチェックしており、バグラムで追加搭載したものは無く、出発前に搭載貨物の確認を再度行ったとしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加