JALスマートエアポート、羽田国内線カウンター全面オープン | FlyTeam ニュース

JALスマートエアポート、羽田国内線カウンター全面オープン

ニュース画像 1枚目:JAL全面オープンした羽田空港の国内線カウンター
JAL全面オープンした羽田空港の国内線カウンター

日本航空(JAL)は2020年12月25日(金)、羽田空港で「JAL SMART AIRPORT」を本格スタートし、国内線カウンターを全面オープンしました。新たなカウンターの配置、手荷物預けのセルフ化、デジタルサイネージを活用した案内などを通じ、求められるサービスを顧客毎に提供するサービス体制となりました。

リニューアルされたカウンターは、航空券の予約・購入・変更手続き、手荷物預入、特別な手荷物の預入、サポートが必要な搭乗者など、必要とするサービス内容によって、動線が明確化されました。

ニュース画像 1枚目:リニューアルされた羽田空港のJAL国内線カウンター
リニューアルされた羽田空港のJAL国内線カウンター

手荷物の預入がなく、搭乗用2次元バーコードまたはICカードを保有している搭乗者は、チェックイン手続きは不要のため、そのまま保安検査場に進むことができます。手荷物を預け入れる場合、自動チェックイン・発券機で手荷物タグを発行し荷物に貼り付け、自動手荷物預け機から旅客みずから預け入れます。受託手荷物が楽器やゴルフバッグなど特別な荷物の場合、専用の「Special Baggageカウンター」を利用して、預け入れます。

また、サポートを必要とする搭乗者用の「Special Assistanceカウンター(旧JALスマイルサポートカウンター)」はリニューアルされ、より落ち着いた空間で手続きができるようになりました。

JAL SMART AIRPORTは、ITや最新技術を活用したきめ細やかで効率的なサービスの提供をめざすJALの取り組みです。今後、2021年夏に新千歳空港、冬に伊丹空港と那覇空港に、2022年春には福岡空港にも導入予定です。

期日: 2020/12/25から
この記事に関連するニュース
メニューを開く