JAレジ、4月まとめ 新規9機・抹消11機・予約8機

JAレジ、4月まとめ 新規9機・抹消11機・予約8機

ニュース画像 1枚目:北海道エアシステムの新機材、「JA12HC」 (うみBOSEさん撮影)
北海道エアシステムの新機材、「JA12HC」 (うみBOSEさん撮影)

国土交通省航空局によると、2021年4月の日本国籍の航空機登録は、新規登録9機、抹消11機、予約登録8機でした。新規登録では、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンが機体記号(レジ)「JA002P」を登録しており、警察庁に納入予定のH225スーパーピューマ(型式名:EC225LP)が1月に続き登録されています。

商用機では北海道エアシステムが2機目のATR-42-600(機体登録の型式名:42-500)型の「JA12HC」、日本航空(JAL)がボーイング787-9型の「JA881J」「JA882J」を2機をそれぞれ登録しています。また、ピーチがエアバスA320neo型の「JA202P」、全日本空輸(ANA)が787-9の「JA925A」を受領、登録しました。

ニュース画像 1枚目:JALの787-9、「JA882J」 (kuraykiさん撮影)
JALの787-9、「JA882J」 (kuraykiさん撮影)

抹消登録では、全日空(ANA)がボーイング737-700型の「JA04AN」、ボーイング777-300ER型の「JA731A」「JA777A」の2機、計3機を退役させています。北海道エアシステムの「JA03HC」は同社初の退役機材で、4月に登録手続きが済みました。

ピーチは2012年11月に導入したA320の「JA806P」を抹消登録しています。この機体は4月中旬に台湾に向かい、次の航空会社に導入される前の整備が実施されているとみられます。この機体は今後、アメリカのアレジアント・エアで運航される予定です。

ニュース画像 2枚目:ルネ塗装時の「JA806P」 (つみネコ♯2さん撮影)
ルネ塗装時の「JA806P」 (つみネコ♯2さん撮影)

スカイトレックは2021年3月から新規予約手続きを停止したことも受け、「JA11GB」をアメリカに売却しています。クエスト製Kodiak100型は、飛行時間にもよるものの、アメリカでは100時間超で2億円程度で取引される事例が見られます。なお、長野・青木村で3月下旬に不時着したアエロスパシアルAS350Bエキュレイユの「JA6050」は滅失手続きがとられました。

■2021年4月 新規登録機
登録日レジ番号航空会社機種製造番号
2021-04-02JA010A個人R44II11476
2021-04-08JA12HC北海道エアシステムATR 42-5001603
2021-04-06JA002Pエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンRGEC225LP2963
2021-04-13JA11HA全日空商事DA42NG42.N416
2021-04-19JA120AオートパンサーEC120B1680
2021-04-20JA881J日本航空787-966514
2021-04-23JA882J日本航空787-966515
2021-04-26JA202PFGL Peach No.8Leasing(有)(ピーチ)A320-251N10279
2021-04-28JA925AANAホールディングス787-961526
■2021年4月 抹消登録機
抹消日レジ番号航空会社機種抹消理由
2021-04-02JA010A南方ホールディングスR44Ⅱ航空法第4条該当法人へ所有権移転のため
2021-04-02JA6655朝日航洋S-76Cオーストラリアへ売却
2021-04-05JA6050SBIリーシングサービスAS350B滅失のため
2021-04-13JA03HC北海道エアシステムSAAB340B航空の用に供さないため
2021-04-13JA6027朝日航洋204B-2航空の用に供さないため
2021-04-15JA806PJPA第25号(株)(ピーチ)A320-214航空の用に供さないため
2021-04-15JA11GBSKYTREKKodiak100アメリカへ売却
2021-04-16JA04ANANAホールディングス737-700航空の用に供さないため
2021-04-21JA731AANAホールディングス777-300ER航空の用に供さないため
2021-04-23JA777AANAホールディングス777-300ER航空の用に供さないため
2021-04-27JA6811警察庁BK117C-1航空の用に供さないため

■2021年4月 予約登録機
JA333P、JA65TN、JA923B、JA922B、JA78GM、JA18AC、JA321N、JA77LC

この記事に関連するニュース
メニューを開く