関空の周辺海域、荒天時は航行制限 再発防止で海保が対応 | FlyTeam ニュース

関空の周辺海域、荒天時は航行制限 再発防止で海保が対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:関空島の3海里は航行制限

関空島の3海里は航行制限

海上保安庁は2019年1月31日(木)から、関西国際空港の周辺海域において、荒天時の航行制限の運用を開始したと発表しました。

これは、2018年12月25日(火)に「荒天時の走錨等に起因する事故の再発防止に係る有識者検討会」がとりまとめた中間報告で、「関西国際空港(関空島)周辺海域における荒天時の走錨等については、法規制をもって再発防止に当たるべき」と提言されたことを踏まえたもので、荒天時の航行制限としては全国で初めてとなります。

規制対象は荒天時の、関空島から約5.5キロメートルの範囲で、船舶の航行が制限されます。対象船舶は総トン数100トン未満の船舶や、海上保安庁の船舶などです。

周知方法は、第五管区海上保安部から航行情報をはじめ、無線電話、ウェブサイトなどを使用します。

期日: 2019/01/31から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加