航空局、運航乗務員の飲酒に関する管理強化を全定期航空運送事業者に指示 | FlyTeam ニュース

航空局、運航乗務員の飲酒に関する管理強化を全定期航空運送事業者に指示

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

航空局は2018年11月29日(木)、定期航空運送事業者に運航乗務員の乗務前の飲酒について管理を強化するよう指示しました。航空局は11月1日(木)付で、「飲酒に関する航空法等の遵守の徹底について」を全航空会社に発出し、運航乗務員をはじめ航空機の運航の安全に携わる者を対象とした飲酒に関する航空法などの遵守を徹底し、講じた措置の報告を求めていました。

こうした状況下、11月14日(水)にスカイマーク、11月28日(水)に日本エアコミューター(JAC)でそれぞれ運航乗務員の飲酒に伴う交代による運航便の遅延事案が発生しています。一連の不適切な事案が連続して発生している重大性に鑑み、同様事案の再発を厳に防止するため、航空局はすべての航空会社に至急、措置を講じることを求めています。

対策は、(1)全運航乗務員に対する乗務前の飲酒に関する管理の強化、(2)全運航乗務員に対するアルコールに関する教育の徹底、(3)飲酒に起因する不適切事案が発生した場合に航空会社や運航乗務員が行政処分などの対象になる旨の周知徹底、(4)同様事案が発生した場合の航空局への速やかな報告と詳細な調査に基づく再発防止策の報告です。

航空局は、諸外国の飲酒に関する基準などを踏まえた飲酒に関する基準を強化し、各社の飲酒に関する航空法の遵守状況について安全監査を通じて厳格に指導する方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加