2018年の飛行機関連の話題は? 日本と航空機開発のまとめ | FlyTeam ニュース

2018年の飛行機関連の話題は? 日本と航空機開発のまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

明けましておめでとうございます。2018年も航空に携わるすべての人たちに幸せな1年になるようお祈りいたします。

2018年の日本の空、航空機開発を中心に大きな動きを眺めてみると、新路線の開設や増便などがまず目につきます。フィジー・エアウェイズが日本路線を新規就航し、以前のエア・パシフィック時代からみると9年ぶりの路線再開です。また、タイガーエア台湾が小松/台北線、チェジュ航空が鹿児島/仁川線の開設と地方路線への就航は2018年も続くことが予想されます。地方路線では、日本エアコミューターがATRの導入を進め、2018年度に徳之島/沖永良部/那覇線を開設します。滑走路さえあれば、さまざまな都市を結ぶことができる飛行機は、リージョナル路線を運航する会社の経営は厳しいと伝えられますが、より地域の連携を結びつける活性剤としての役割も期待されています。

航空自衛隊関連では、F-35Aの動向とその飛行隊の正式発足、美保基地の開庁60周年などが目につきますが、次期政府専用機の内装工事も2018年夏ごろに終了することが見込まれています。導入は2019年度のため、日本に飛来することはないと思われるものの、着実に導入に向けた準備が進められると同時に、747-400をベースとした現在の政府専用機をみる機会が貴重なものとなりそうです。

航空機の開発では、全日空(ANA)が契約している787-10の納入が2018年から開始されます。ANAへの納入は2019年度から2020年度とまだ先ですが、787のローンチカスタマーには787の3機種が揃います。エアバスは次期輸送機「ベルーガXL」が初飛行を予定しており、これも注目されることとなりそうです。エンブラエルが手がける次世代機「E2」では、E190-E2初号機が2018年4月に納入される予定です。MRJの開発は遅れているものの追加の試験機の投入で、開発ペースをあげてくることが予想され、三菱航空機にとっては静かながら、着実に一歩を踏み出す1年になりそうです。

2018年のもう1つ特筆すべきは、航空機をじっくり見たり、理解を深める施設として、かかみがはら博物館のリニューアル・オープン、FLIGHT OF DREAMSのオープンでしょう。前者は深い知識への緒として、後者は幅広い人たちに飛行機を楽しんでもらう施設として、それぞれ重要な役割を担ってくれそうです。航空分野ではパイロット、整備士不足が叫ばれていますが、こうした施設が幅広いファン、さらには航空業界へ進む人たちを増やすことにつながればと願っています。FlyTeamも微力ながら、少しでもお役に立てればと思っております。

<2018年中の主な動き>
レオナルド、AW109トレッカーの型式証明取得 日本は警視庁向けに納入

海上保安庁、海上保安制度創設70周年を記念してロゴマークを制定

ピーチ、2018年以降導入のA320を予約登録 JA850Pは2021年6月

臨時F-35A飛行隊、三沢基地で編成完結式が挙行 12月1日

A330-900初号機、4時間13分の初飛行を成功裏に終了

日本エアコミューター、ATR42-600の2号機「JA02JC」を新規登録

美保基地、開庁60周年で記念マーク・キャッチフレーズ・C-2愛称を募集

ボーイング、エコデモンストレーターにJAXAの晴天乱気流検知システム搭載

エアバス・ヘリコプターズ、海上保安庁とH225の3機追加契約を正式発表

ボーイング、787-10で初飛行 787ファミリー3機種目が登場

日本エアコミューター、2018年度に徳之島/沖永良部/那覇線を開設へ

AW609プログラム、2018年の型式証明に向け氷結試験を実施へ

エアバスの次世代輸送機「ベルーガXL」、組立開始を発表 18カ月間の工程

ノースロップ・グラマン、空自向けE-2D 2機目の製造を開始へ

<1月>
タイガーエア台湾、2018年1月から小松/台北線に就航 週2便

チェジュ航空、2018年1月に鹿児島/仁川線を開設 737で週3便

1月の完全退役控え「CRJ退役記念チャーター2日間」 12月26日にツアー

ルフトハンザ・カーゴ、関西/フランクフルト線で直行便の運航を再開

<2月>
NEXCO東日本、2月3日に東関東自動車道茨城空港北IC/鉾田ICを開通へ

ツポレフ、Tu-160M2戦略爆撃機をロールアウト 2018年2月に初飛行へ

ハワイアン航空、2018年2月から新千歳/ホノルル線にA330-200を導入

<3月>
フジドリームエアラインズ、2018年に出雲発着の静岡、仙台線開設へ

LOTポーランド航空、2018年3月から成田/ワルシャワ線を増便 週5便に

チャイナエアライン、宮崎/台北線を増便へ 2018年3月から週3便

ピーチ、2018年3月1日から関西/新潟線に就航 A320でデイリー運航

ジャプコン、海保と日本初セスナ・ターボ・スカイホークJT-Aを5機契約

JALとハワイアン航空、包括的業務提携 将来はハワイ/アジア間で共同事業

キャセイドラゴン航空、2018年3月から羽田/香港線の運航再開を決定

フジドリームエアラインズ、12号機以降の運航機材の導入時期を発表

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、福岡市消防局向けAS365N3+契約

かかみがはら博物館、 リニューアルで9月26日から休館 展示面積は1.7倍へ

<4月>
南紀白浜空港、開港50周年の歴史展を開催 展示写真を募集

S7航空、2018年4月に成田/イルクーツク線を開設 A320で最大週2便

S7航空、2018年4月から成田/ノヴォシビルスク線に就航 A320で週1便

エンブラエル、E190-E2初号機納入は2018年4月 性能・成熟性とも優位

高松空港の運営権、優先交渉権者に三菱地所・大成建設などのグループ選定

オリックスとヴァンシ、神戸空港コンセッションで優先交渉権者に選定

<5月>
エールフランス、2018年5月から787-9を関西/パリ線に投入

デルタ航空、2018年5月から新ユニフォーム 靴はZapposと提携

<6月>
エア・カナダ、787で成田/モントリオール線に新規就航 2018年6月から

エチオピア航空、2018年6月2日から成田/アディスアベバ線を仁川経由に

<7月>
フィジー・エアウェイズ、2018年7月から成田/ナンディ線に新規就航

三井物産、海保向けファルコン2000を3機予約登録 JA572AからJA574A

<8月>
FLIGHT OF DREAMS、787初号機の搬入完了 道路を横断

ピーチ、2018年8月に釧路/関西線のデイリー便を開設へ 1月下旬から販売

次期政府専用機の777-300、新塗装でスイス・バーゼルへ飛行 内装工事か

名鉄、セントレアホテルの新棟建設を発表 2018年秋の開業を予定

<10月>
スターフライヤー、A320「JA26MC」を予約登録 来秋の受領を予定

イベリア航空、2018年10月から成田/マドリード線を週5便に増便

スターフライヤー、2018冬から台北3路線に就航 経営基盤安定で再参入

<12月>
AIRDO、2017年12月から就航20周年ロゴを13機すべてに掲出

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加